赤塚犬猫病院

医療技術と当院の専門技術:赤塚犬猫病院

赤塚犬猫病院
赤塚犬猫病院 トップページ リンク 採用情報 個人情報保護方針
最新情報 当院のご案内 医療技術 救急診察 往診・医療相談 食飼管理・フード スタッフブログ お問い合わせ
>>ENGLISH TopPage

トップページ > 医療技術と当院の専門技術

医療技術と当院の専門技術
動物の病気をいち早く正確に診断するためには、高度な検査が必要です。人の医療と同じような高度なレベルの医療機器を使用することにより、安全で確実な治療ができます。動物医療レベル向上のため、毎年、最新の医療機器を積極的に導入しています。また、大学での研修、セミナー参加、専門医の招聘などによる高度医療技術の提携および病院の医療レベル向上に常に取り組んでいます。
人工関節(股関節全置換手術THR)スイスZurich大学によるセメントレス人工関節、小型犬・猫専用の股関節全置換手術 MTHR)
前十字靱帯手術(最新の理論に基づいた手術)TTA(頸骨粗両前進術)TPLO(頸骨高平部水平骨切断術)LFS(関節外固定)など
複雑骨折手術(骨折治療理論に基づいた手術方法の選択および、それらに必要な技術を提供できます。)ピンニング(キルシュナーピン)インターロッキングネイル プレート(DCP、ユニロックシステム、ロッキングプレート)外固定(創外固定、イリザノフ、ハイブリッド創外固定)
膝蓋骨脱臼手術
関節疾患の外科手術など
  当院では、負担の少ない腹腔鏡による、消化器手術・避妊手術の実績も多く、自信と責任をもって対応します。
腹腔鏡による手術では、通常の開腹手術に比べ、傷口が小さく術後の痛みが非常に少なく、早期回復が望めます。
  犬においては椎間板ヘルニアは多い病気の1つです。
特に、軟骨異栄養性犬種(ダックスフント・シーズー・コッカスパニエル・ウエルシュコーギーなど)に好発します。
好発年齢は3〜6歳ですが、どの年齢でも起こります。
頸部・胸腰部椎間板ヘルニアにおいて診断にはMRI・CT・脊髄造影によるレントゲン検査といった画像診断になります。
当院におきまして、検査・手術まで随時対応致します。
回復は術前の脊髄の損傷の程度に依存するといわれています。術前に十分なインフォームドを心掛け自信と責任をもって対応致します。
  動物も人間と同じように、白内障・緑内障など眼の病気がたくさんあります。
また、すぐに症状が悪化することが多いのも眼の病気・傷の特徴です。
早期に眼科治療が行えることが非常に大切なことです。
少しでも変化に気づいたら受診してください。
当院におきましては、眼科臨床経験豊富なスタッフが白内障手術・角膜の潰瘍・角膜の移植手術・異物・腫瘍・眼臉内反・外反症・涙管閉塞・緑内障など多種な眼疾患に対応しております。
肝臓、胆嚢手術
門脈シャント手術 など
皮膚、乳腺、骨、肝臓、消化器などの腫瘍・癌の外科手術
ヘリカルCTによる正確なプランニングに基づいての手術の実施
  脊髄腫瘍は、脊髄の外側に硬膜があるので、その内か外なのかで硬膜外、硬膜内腫瘍に分類され、更に硬膜内腫瘍は髄外、髄内腫瘍に分類されます。
脊髄腫瘍はMRIで診断され、その種類によっては積極的な治療法がある場合があります。
ご相談ください。
一般手術および特殊手術対応
心臓病の検査、管理(精度の高い超音波検査、心電図検査など精査し治療方針を提供いたします。)
糖尿病の管理
抗ガン治療(各種治療方法の提供、相談)
その他内科疾患の相談、治療
検査   内視鏡カメラを通して、胃や腸の状態や病変を肉眼的に確認したり組織の一部を採取して、病理組織検査を行い、病気の診断ができます。
処置   異物を飲み込んだ場合、開腹手術なしに取り出すことができます。
手術   消化器官にできたポリープなどを、切除することが可能です。
FNA(細胞診)組織検査など今後の治療相談
一日で血液、X-ray、心電図、超音波の検査(希望によりヘリカルCT、MRIも可能)
  ※随時、今後の対策、現状の健康相談いたします。
予防接種
予防薬の投薬プログラムの提供(フィラリア、寄生虫など)
歯石除去など、いつでも可能
米国の動物病院実習 参加
Hawaii獣医学会 参加
世界獣医皮膚科会議(カナダビア州バンクーバー)参加
AO North America Veterinary Course(カリフォルニア州ラホーヤ)参加
CFX Micro Hip Workshop 小型人工関節セミナー(ワシントンDC)参加
獣医内科アカデミー発表
比較眼科学会発表
WVC獣医眼科実習セミナー(ネバダ州)
獣医循環器学会認定医講習会
アメリカ外科学会など内外学会セミナー等での研修に励んでいます。
Zurich大学教授P.Montavon当院に来院、手術など実施した。
2007年度(スイス)Zurich大学での研修。過去12年間毎年実施。
2007年度オクラホマ大学での脊髄神経外科実習参加
腹部臓器超音波診断技術セミナーのスタッフ参加
院内での大学教員による超音波検査セミナー及び診断(特に循環器疾患)
臨床病理専門医の院内セミナー
  ……など
Copyright (C) 2014 AKATSUKA DOG AND CAT HOSPITAL All Rights Reserved.